川沿いの同一デザインの住宅

昼と夜のマンション

賃貸マンションを取り巻く状況を見る下見では、昼間だけではなく夜の下見も行うべきです。昼間だけでなく夜のマンションも見てこそ、そこでの暮らしを明確にイメージすることが出来るようになるのです。

Read more

海辺リゾート風マンション

周辺に注目

賃貸マンション自体に注目することも、もちろん大事なことです。しかし、それと同じくらい大事なのがマンション周辺の状況に注目することです。駅やお店との近さというものも、条件に入れるべきなのです。

Read more

田舎風の一軒家

条件を考える

目指すべき賃貸マンションのイメージを固め、具体的な条件としてしっかりまとめること。これが、マンション探しの鉄則というべきものだと言えます。条件に合うところを見つけられれば、OKなのです。

Read more

賃貸の知識

信号機とビル

賃貸住宅の金額の傾向はどうなっているか

賃貸住宅は多くのサービスを設けており、格安で貸す事を心掛ける事により、非常に多くの面で顧客の手助けとなっている部分があります。成約した人には商品券を渡すなどのサービスを設ける事で良い噂を広めようとしているのは良い点です。もちろん、金額の傾向を見ると、サービスも含めて借りる値段も下がっているのが現状であり、部屋を借りる人の事を考えた取り組みとなっている部分はあります。 最近では敷金や礼金が無料の物件も多くなっており、賃貸住宅全体の利用価格が下がっている事も良く分かります。これからもサービスの質を改善すると共に利用する人の給料を考えた賃貸物件の建設に努める事は間違いはなく、利用しやすくなって行く事も予想されます。

昔の歴史を考えると、今の時代に繋がる

賃貸物件は今の時代では管理会社、大家、不動産屋など多くのサポートで成り立っていますが、昔にはその様な物はなかったため、幕府が直結して取り仕切っていた事が分かっています。又、土地自体の売買は禁止されていたため、借家経営と呼ばれる物が出来たのはもう少し先の事でした。 町人地で土地の売買が行われる様になってからは、商人などが借家経営に関しての知識を高め、表通りに住んでいました。農村の庶民達は流れて来た物として、裏通りに住んでいた事が分かっています。土地の私有化が認められた時代は今でも続いており、現代では賃貸住宅を簡単に借りられる程の契約内容の簡略化が行われた事により、利用しやすくなったとされています。